排水管水漏れをきっかけにユニットバスのリフォームを考える

ユニットバスを使用し続けていると、経年劣化などで水漏れや排水管のトラブルは起こりやすくなります。設備の交換や補修で対処することも可能ですが、リフォームを含めた水道 工事も選択肢の一つです。高い性能の機器に交換することで、快適な住空間をもたらす要因となります。

■排水管や水漏れトラブルが起きにくい壁床の材質選び

リフォームを水道 工事業者に依頼するにあたり、材質や機器選びは欠かせません。
壁床が人造大理石タイプだと、触れた時の肌触りの良さが魅力的です。掃除のしやすさや高い性能をもたらしますが、ポリエステルよりもアクリルタイプの方が耐久性が高く、水漏れや排水管トラブルが起きにくいです。表面がガラス質のホーロータイプは、水垢やカビの耐性に強く、定期的に表面を磨くことで美しさを保つことが出来ます。
個性を出すリフォームや水道 工事をする場合、タイルだと、色彩などオリジナルのデザインを描きやすいです。一方、モルタルで貼るため、隙間から浸水しやすく経年劣化で水漏れが起きやすくなります。檜風呂は、木製特有の温かみが得られますが、防水対策やメンテナンスをしければ、素材が腐敗したり排水管が害虫で侵食されかねません。

■排水管や水漏れ対策以外に水道 工事で必要な浴槽選び

水道 工事業者に施工を依頼してユニットバスの買い替えを考える場合、排水管や水漏れなどのトラブル対策だけでなく、浴槽選びもポイントです。
浴槽がストレートな形だと、水深が深いためゆっくりと身体を浸かりやすく体積も広いですが、光熱費が高くなりがちです。コーナー型や斜め型はラウンド状にカットしているため、風呂以外の箇所を広く使いやすくなります。浴槽は狭めですから一人で入浴される方向けのつくりです。
小さなお子様や高齢者がいる家庭では、アーチ形だとケガや転倒を防ぐ役割があります。ふちが細く手で浴槽をつかみやすい設備であり、見た目もスタイリッシュです。手すりも備え付けていると、より安全性が高くなります。
水道 工事業者に施工を依頼する際には、家族構成や要望を確認した上で最適なプランを提供してもらえる所に依頼したいです。水漏れや排水管トラブルが生じても、迅速かつ丁寧に作業をしてもらえる所だと、安心して使用しやすくなります。

■まとめ
排水管や水漏れのトラブルは、経年劣化などで起こりえます。水道 工事業者に高い性能の設備へとリフォームすることで、長期的視点からもコスパが高くなります。アフターフォロー体制が整っていると、より安心感が得られます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ