排水管トラブルや水漏れを水道 修理業者に依頼する

ユニットバスは、経年劣化などで排水管の不具合や水漏れの症状が起きやすくなります。機器だけでなく壁や床もトラブルが起きることがあります。水道 修理を業者に依頼する場合に、トラブルの概要や補修のポイントに関する確認が役立ちます。

■排水管の水漏れと壁床との関係

ユニットバスを使用する際、壁床の小さなひび割れが起きると室内全体の環境及び排水管に悪影響を与えます。壁床の内部にまで水漏れなどで浸水をしてしまうと、錆やカビが発生します。特に使う頻度が多いと定期的な清掃をしていても、間に合わなくなり建物の構造にまで影響を与えかねません。
水道 修理やトイレリフォームをするにあたり、定期的な清掃をした上でひび割れなどを見逃さないことがトラブルを最小限に抑えます。その上で壁床の補修が第一ですが、タイル壁の場合カビが発生しやすく、害虫トラブルが起きやすくなります。水漏れや排水管トラブルの要因だけでなく、家屋をやられかねません。部分補修よりも壁面パネルにするなどの全体的な施工が必要です。床も近年では、断熱性や撥水性が高い素材が開発されています。水が溜まりにくくなることで、カビや害虫対策にも繋がり清掃もしやすくなります。
水道 修理業者に施工を依頼する場合、大がかりな施工になれば費用と時間を要します。アフターフォローを含めて信頼できる業者に依頼することが必要です。

■排水管の水漏れと設備の不具合との関係

ユニットバスにて、設備の不具合でもトラブルの要因となります。浴槽は概ねFRP素材を使用していますが、経年劣化や外からの衝撃によりキズやヒビが発生しやすくなります。水漏れの一因となり補修が必要ですが、自己流では二次被害が起こりかねません。大掛かりな補修などは水道 修理業者に依頼すると良いです。
トイレの場合、排水管の詰まりや水漏れはもちろん機器のひび割れでも不具合を生じます。簡単な水道 修理の場合は市販のもので対処も可能ですが、機器に関することは品番などで性能が異なりますからメーカーなどの業者に依頼すると安心です。
洗面台が設置されている場合、排水管の水漏れだけではありません。ボウルや鏡のひび割れがあれば怪我が発生する可能性があるため、部品交換など早急な処置が必要です。

■まとめ
ユニットバスのトラブルは、経年劣化や衝撃などで起こる可能性があります。たとえ小さなひび割れでも、放置することで水漏れだけでなくケガや害虫トラブルになりかねません。排水管がやられたり家屋全体に被害を及ぼす場合もあります。日頃の清掃やメンテナンスをした上で、気になることがあれば水道 修理業者に依頼して補修や施工をしてもらうことがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ