小さな排水管水漏れの放置で水のトラブルに繋がる

ユニットバスは、バスタブだけでなくトイレの床にも排水管があります。この2つは繋がっており、髪の毛や水垢などが溜まることで詰まりや水漏れなどの水のトラブルに繋がりかねません。定期的な清掃がトラブル回避に繋がりますが、放置することで生活場面に少なからず影響を及ぼします。

■ユニットバスの種類と排水管や水漏れ等水のトラブルについて

多くの場所で用いられているユニットバスは、バスタブとトイレ、洗面台が一緒になった3点ユニットタイプです。独立タイプと比較して面積も少なくて済むため、清掃の際も短時間で済むことが多いです。しかしその一方で、水回りが集中していることから排水管の水漏れをはじめ水のトラブルも起こりやすいです。湯船に入り水浸しにすると、床が濡れてしまいます。入浴後に十分な換気や清掃をしておかないと、カビが発生して衛生面でも不具合を起こします。
ユニットバスは、場所は異なっても排水管が繋がっていますから一か所でも水のトラブルが起きると使用できません。詰まりが起きることで、排水管から水があふれてしまうと二次被害が起きやすくなります。

■自分でできる排水管の手入れと水漏れなど水のトラブル予防

賃貸物件でユニットバスを設置している所もありますが、水流が弱めに設定している所があります。特にトイレをした際ペーパーを多く一気に流してしまうと、排水詰まり等水のトラブルに繋がりやすいです。
このような排水詰まりを防ぐためには、一か月に1回程度排水溝の清掃をすると良いです。その際、洗浄剤を入れることでも高い効果をもたらします。風呂を使用する場合も、髪の毛が排水管に流れてしまうことで、水のトラブルの原因になります。清掃することはもちろん、キャッチャーをつけるなどで対策をすると良いです。
簡単な排水詰まりは、ラバーカップで詰まりをなくす方法があります。この場合、ユニットバス内の他の排水溝を密封しておくことで、ラバーカップの吸引する力が効率よくかかります。バスタブは針金ハンガーやワイヤーでごみを除去する方法もありますが、破損のリスクもありますから注意して下さい。床下の繋がった部分まで異物が流れると、自力での修理は難しいですので、専門業者に依頼して下さい。

■まとめ
ユニットバスは生活場面で便利な役割はありますが、よく使用する分排水管の詰まりや水漏れなどの水のトラブルが起きやすいです。自分で清掃や予防をすることはもちろん、修理の知識もあればトラブル時に役立ちます。ただし、難しい修理の場合は二次被害を防ぐためにも自分で対処することはやめて下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ